--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011
11.17

キャンドルの光

Category: Manly
クリスマスまであと5週間。

お客さんたちにそう伝えるたびに
びっくりしてしまいます。

今週は雨続きでお客さんは少なめですが
そろそろ忙しくなる時期です。


ホリデーから戻ってから、ちょっと変化がありました。
(ここ一年、変化は常にし続けてるけど。)

それは自分が働くテーブルの場所を変えたこと。

お客さんって結構変化に敏感。
人によっては新しいことを受け入れにくい人だっています。

去年マンリー店に移動したとき
私は積極的に接客をしませんでした。

やる必要がなかったからと言う理由もあるけど
一番の理由は
お客さんに自分がいることに慣れてもらうため。

今まで働いていたLane Cove、Eppingとは状況が違っていました。
働く前から、ボスや、ほかのスタッフに“状況が悪い”ってきいてました。

来るたびに不満を言う
時間通りに来ない
連絡なしにキャンセル
アポなしに来店
そして新人嫌い

初めのころは、私が接客しようとしても
無視されたりもしました。
結構傷ついたけど、お客さんだってその方が安心なんだろうね。

だから入り口から離れたところで
前に出過ぎない日々をすごし。。

丁度一年も過ぎ、お客さんも覚えてきた頃だったので
私のホリデー明けにお店の模様替え。

カウンターから一番近いところを陣取ってみました。

沢山の人に「あれ、オーナー代わったの?」って言われます。
大きくは変えていないのになんででしょう。

仕事の割合も
以前は<接客:グルーミング =3:7>くらいだったけど
今は<接客+雑務:グルーミング =5:5>

お客さんと近いので電話やら接客やらでグルーミングに集中できませんが
かわりに人も増えたので、どうやって効率よくお店を回せるか日々奮闘中。
負担が減りました。。ほっ


“難しいお客さん”のあしらい方もうまくなってきたかな。 笑

一つ言えるのは
誠実に親身に、そして笑顔で接すれば90%はOKだってこと。

難しいときもあるけど
いつでもこのお店で『光』のようでありたいなと思います。
イメージ的にはスポットライトではなくキャンドルで。
強くなくても目立たなくても。

それでお客さんも笑顔で、わんこたちはしっぽを振って
帰ってくれればうれしい。



余談ですが、ホリデーから戻った時にスタッフさんたちから
“戻ってきてなんかほっとした~”って言われました。
うれしい
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://papiko33.blog111.fc2.com/tb.php/412-68713b31
トラックバック
コメント
誠実に親身に笑顔で…

こちらが相手を信頼するまっすぐな姿は
相手の心をほぐすのですね

同居間近にて姑が恐くて不安ですが、勉強になったよ☆

ありがとう☆
あゆきちdot 2011.11.18 03:31 | 編集
まっすぐ向き合うって苦手だったけど
すごく大事だって実感中です。。。。
Papikodot 2011.11.18 18:28 | 編集
そんなふうに思いながら仕事が出来てるパピコさんがすげぇと思ったよ。
難しい客や、めんどくさい客には、ついつい「ふざけんなバカ野郎」って、心の底から思ってしまう。。。。

それが良くないのかなと思いつつも、そう思わないとやってらんないというか。

難しいわ!!w
サイヤ人dot 2011.11.18 21:38 | 編集
リーダー素敵!
本当尊敬します。その努力と向上心!
かなdot 2011.11.20 20:31 | 編集
むっとすることももちろんあるよ!!
でもいやな気分のまま帰ってもらうより、ありがとーって、気持ちよく帰ってもらえれば、私も一日の終わりにぐるぐる考え込むこともない。
お客さんの笑顔は一番の報酬だよね。

それにしてもサイヤ人って(笑)
Papikodot 2011.11.21 16:53 | 編集
e-446ありがとう

まだまだ失敗だらけだけどね 汗
いろいろ試して、一番良いやり方を見つけたいわ。
Papikodot 2011.11.21 16:59 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。